憲法改正 安倍政権との違い

安部首相、緊急事態条項で9条から逃げないで下さい

自民党は自主憲法制定を党是として打ち出しているものの、今回の参院選では、現行憲法の何処が問題で、どう変えるのか、具体的には示していません。
これは、改憲に慎重な連立与党の公明党への配慮と共に、改憲議論が深まらない中で改憲を強く打ち出すと選挙で票を失うと見ているからではないでしょうか。
これに対し、民進党の岡田代表などは、安倍首相の改憲の真の目的は9条の改定だとして批判しています。実際、以前、自民党が示した憲法改正案では、9条を改正して「自衛隊」を「国防軍」としています。
こうしたいわゆる「平和憲法」の理念が壊されかねないという批判が高まると、安倍首相は、「緊急事態条項」を追加するための改憲であると主張するようになりました。
しかし、「自分の国は自分で守る」ということは主権国家として当たり前のことであり、「陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない」と明確に憲法で謳っておきながら、自衛隊は違憲ではないと解釈する状態は早急に改めなければなりません。
ですから、安倍首相の主張する緊急事態条項の追加は、真っ当な改憲議論からの「逃げ」に他なりません。
今回の参院選で、改憲議論を“ぼかす”自民党の姿勢では、改憲議論に積極的な有権者も、消極的な有権者も、判断を誤らせることになります。
幸福実現党は正々堂々と憲法9条を改正して「防衛軍」を組織する必要性を訴えています。
本来の趣旨を隠して、国民の支持を得ようとするやり方では、政治不信を招くだけです。
国民・県民の生命、安全、財産を、そして自由を守るために、真に国防の必要性を理解している政党は幸福実現党です。