新潟の農業の強みを生かす

TPPは日本の農業が生まれ変わるチャンスであると考えています。世界は新潟の農産物の味や安全性を求めています。

「TPPにより外国から安い農産物が入ってくると、国内の農業は崩壊する」との声も聞きますが、本当にそうでしょうか。私は、日本の農業の競争力は価格面だけではないと考えています。

特に、新潟県では、お米をはじめ世界的にも美味しくて付加価値の高い農産物がたくさんあります。その付加価値の高い農作物は、実際に世界で販売され、高い人気を得ています。また、その付加価値の高い農産物を支える高い農業技術もあります。

日本の農業技術により、美味しく安全な農作物を作り出すことが可能ですし、収量を上げることも可能です。これらの技術は農業関係者の方々の不断の努力で日夜進歩しています。

更には、農業には未だに様々な規制が存在していますが、それらの規制を撤廃すれば、まだまだ発展する余地がたくさんあります。

例えば、減反の廃止と大規模化の推進を行えば、お米などは価格面でも競争力を高められる可能性さえあります。

確かに、変革を行えば痛みを伴う場合もありますが、TPPによって突然関税が撤廃されるわけではなく、数年に渡って徐々に関税が引き下げられるなどの激変緩和措置があるので、その間に適合を図っていくべきです。

世界の人口は100億人へ向かっています。この先必ず食糧不足の問題が出てきます。

国内の食糧自給率をあげ、輸出にも回すのはもちろんのこと、食糧の取り合いによる国家間の争いを起こさせないために、農業後進国へ農業技術の輸出も今後重要となってきます。

補助金や所得補償に頼らなければ生き残れないような産業に、次世代の若者が魅力を感じるでしょうか。

私たち幸福実現党は、農業の国際競争力を高めると共に、農林水産業を魅力ある産業に転換することを目指しています。努力した人が正当に報われる農業を目指すべきではないでしょうか。